家電製品の処分方法

家電製品4品目であるテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の処分方法は、法律で処分方法が決められているので、正しい方法で処分する必要がある。

自分で処理するなら、指定引き取り場所に持ち込みをする方法がある。指定引き取り場所に家電製品4品目を、自ら持ち込むことで処分できる。お金がかかるのはリサイクル料金のみで、販売店を利用しない分、収集運搬料金はかからない。リサイクル料金の支払いは、郵便局にある家電リサイクル券に必要事項を記載して、窓口かATMで支払いをすれば完了となる。

また、不用品回収業者に回収してもらうこともできる。回収日時には臨機応変に対応してくれる業者が多いので、便利である。家電製品を運搬、廃棄するには一般廃棄物処理業の許可が必要になるので、必ず許可を受けている業者を選ぶこと。違法業者も多いので気をつけることだ。回収費用は業者によりかなり違うので、事前見積もりを取ることが必要である。そして、リサイクルショップに買い取りや引き取りをしてもらう手もある。使用状態がいいものや使用年数が少ないか家電製品であれば、十分買い取ってもらえるようだ。国内有名メーカーならば、高額査定になりやすい。高く買い取ってもらいたいならば、家電製品買取専門店に査定を依頼するといい。買い取りはいいから、ただ引き取ってほしいというならセカンドストリートやハードオフなどで引き取ってもらうのがいいだろう。

購入した販売店が解らない場合や、引っ越しして購入店が遠方になってしまった場合は、家電リサイクルセンターに連絡すると、住まいの地域にあるリサイクル協力店を紹介してくれるのでいい。引っ越しをするときに処分する場合は、家電製品を回収してくれる引っ越し業者に依頼すれば、手間が少なく手軽である。ただし、業者により処分費用が異なる。